風薙鳥ゲーム制作日誌

最近の記事

カテゴリ

ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

過去の記事

タグ

RSSフィード

制作日誌案内

「カテゴリ」はゲーム別、「タグ」は内容別に、記事を分類しています
各記事の画像は、クリック(タップ)で原寸表示できます

ダンジョンの外見が揃う

2017/6/24
RPGツクールMVで、ローグライク「学びの迷宮」を制作しています。

今作には、いくつかダンジョンが登場します。
それぞれ異なる雰囲気にしようと、新たに外見を増やしました。

--

まず、雪原のダンジョンです。



わかりづらいですが、雪が降っています。
過去に作った草地のダンジョンと地形の生成パターンは同じですが、雰囲気はだいぶ違います。

--

次に、火山のダンジョンです。





上層は赤い岩壁の地形。
下層になると溶岩で満たされる、という構成を考えています。

---

これで、過去に作った外見と合わせ、全ダンジョン分が揃いました。
これらの外見を使い、ダンジョンを作っていきます。

NPC会話を書き直し、攻撃モーションが揃う

2017/6/22
RPGツクールMVで、ローグライク「学びの迷宮」を制作しています。

少し前に、NPCとの会話を実装しました。
しかし、会話内容に雑談が多いのを気にしていて。
思い切って、雑談会話の多くを、ダンジョン攻略のアドバイスに差し替えました。



雑談会話も、少し残しています。
シナリオ設定や、キャラ同士の関係を伝えるセリフも欲しかったので。

---

新たに、敵モスタンの攻撃モーションを作りました。



攻撃モーションは、これで全て揃いました。
これまでに攻撃モーションを作った種族と、その色違いで、ダンジョンを回していきます。

短いダンジョンを攻略できるように

2017/6/17
RPGツクールMVで、ローグライク「学びの迷宮」を制作しています。

これまでの制作で、多くのシステムを実装してきました。
手つかずだった敵の行動も、数種族分できました。

そろそろダンジョンを丸ごと稼働できるのでは、ということで。
各種要素を放り込んだ短いダンジョンを作り、実際に踏破しました。

---

その下準備として、細かなシステムを実装しました。
ひとつ紹介すると、主人公ごとに仕様の異なるレベルアップ。



ダンジョンを出るとレベル1に戻る主人公や、レベルの上がらない主人公もいます。
スクリーンショットのスライムは、レベルが蓄積されるので、時間をかけて育成する主人公かもしれません。

---

システムも揃い、短いダンジョンが稼働するようになりました。
無事、最後のゲートにたどり着いたところです。



ようやく、今作のメイン部分である、ダンジョンの姿が明確になりました。
まだ必要なシステムはありますし、要素も数多く作らないといけません。
でも、ゲームの形が見えた今、工程全体を見渡すと、制作は後半戦へ突入した印象です。
完成まで、突っ走っていきたいと思います。

敵が使う攻撃や移動の特殊能力

2017/6/15
RPGツクールMVで、ローグライク「学びの迷宮」を制作しています。

これまでに、主人公の攻撃や特殊能力を実装しました。
それに対し、敵の行動は手つかずでした。
必要になったので、この機にある程度実装しました。

---

敵の行動の多くは、通常攻撃をはじめとした攻撃です。
でも、中には移動する行動もあります。



大きく移動するジャンプ移動です。
主人公と距離を詰めたり、主人公を追い越して移動を妨害します。

ジャンプは、主人公の1体「スライム」も使用できます。
ジャンプを使う敵は、スライムと同じ系統の種族です。
このように、主人公と同じ系統の敵は、主人公と同じような能力を持っている場合があります。

---

攻撃する行動も紹介します。
少し離れた位置から使用可能な、中距離攻撃です。



隣接していない状況でも攻撃を受けるので、接近前に先手を取られたり、逃げようとして攻撃を受ける場合もあります。

---

紹介した他にも、攻撃行動を実装しました。
まだ必要な行動はありますが、ここでいったん区切りとしておきます。

アイテムを増やしていく

2017/6/12
RPGツクールMVで、ローグライク「学びの迷宮」を制作しています。

だいぶシステムが揃ってきて、アイテムの実装に必要なシステムも増えてきました。
現状のシステムで実現できるアイテムを、いくつか実装しました。
その中から2つ紹介します。

---

周囲8方向の敵に、凍結攻撃でダメージを与えるアイテムです。



まだダメージ量は仮です。
アイテム所持数上限が少なく、主人公の1体「苔ゴーレム」の通常攻撃も8方向。
これらの仕様を考慮すると、持ち歩くメリットを生み出すには、威力は高い方がいいですね。

---

視界制限を解除し、加えてHPの自然回復量を上昇させるアイテムです。



ひとつのアイテムに、複数の効果を持たせているケースがちょくちょくあります。
複数の効果があれば、片方の効果のみが有効な場面でも使う意味があるので、アイテム所持数上限が少ない今作では重要です。

学び関連のシステムを実装中

2017/6/8
RPGツクールMVで、ローグライク「学びの迷宮」を制作しています。

今作のテーマである「学び」に関わるシステムの実装に取りかかっています。
中核となるのは、「判別力」「読解力」という能力値です。



拠点やダンジョンで確認できる、これらの能力値。
まずは、「読解力」を実装しました。
「読解力」が低いと、スクリーンショットのように、書物を読むのに失敗することがあります。

「判別力」「読解力」は、書物を読むことで上昇します。
主人公のレベルとは別枠扱いです。



主人公ごとに、「判別力」「読解力」の上がりやすさが異なります。
「読解力」が上昇しやすい主人公なら、書物の読解に失敗することは少ないでしょう。

---

まずは「読解力」を実装しましたが、「判別力」は他のシステムとの兼ね合いで、後回し。

システムでは、こういった形で「学び」を表現しました。
シナリオでも、主人公たちに、各々の「学び」を体験させていきます。